七五三おめでとうございます。

 

七五三のお祝いの時期が近づいてきました。

みなさまは「七五三」の由来をご存じですか?

 

 

「七五三」の起源は平安時代にまでさかのぼるといわれています。

当時は医療技術も発達しておらず、子供が幼いうちに亡くなってしまうことも多かったようです。亡くなる人数の多さ故、7歳までの子は「神の子」とされていたそうです。子供の健康を願い、人生の通過儀礼として3歳から7歳までの間にお祝いを行うようになったのは、そのような時代背景・祈りがあったからだと言われています。

 

江戸時代になると、武家の間で通過儀礼として3歳・5歳・7歳の歳に儀式を行うようになります。

3歳:「髪置(かみおき)」

→男女とも3歳で髪を伸ばし始める

5歳:「袴着(はかまぎ)」

→男の子が5歳で袴を着け始める

7歳:「帯解(おびとき)」

→女の子が7歳で帯を締める着物を着始める

これが現在の「男の子は3歳と5歳・女の子は3歳と7歳」にお祝いをする風習に由来しています。

武家に広まったこの儀式がだんだんと庶民にも広がり、現在のような形になったのは明治時代に入ってからのようです。子供の健康と成長を願う気持ちは、今も昔も変わらないのですね。

 

七五三は11月15日に神社へお参りに行くことが通例でしたが、最近は11月15日にこだわらずに、日(六曜)の良い日やご親戚の都合の良い日に集まることも多くなりました。

お祝いや内祝いもその近辺で日の良い日にお贈りするのが良いです。

 

【熨斗紙の書き方】
●お祝いで渡すとき

→表書き:御祝

名前:贈り主のお名前

●お祝いのお返しをお渡しするとき

→表書き:内祝

名前:お子様の下のお名前(兄弟・姉妹が同時に七五三の場合は連名)

 

お子様の健康と成長を心よりお祈り申し上げます。