大人の「ひなまつり」の楽しみ方をご提案します

こんにちは。たこまんです。

3月3日は「ひなまつり」です。

「ひなまつり」=お子様のイベントというイメージが強くありませんか?実は、江戸時代では「女性の幸せを願う日」として大人の女性もお祝いをしていたそうです。
そんな風習に倣い、お仕事や家事、子育てに忙しい大人の女性のみなさんも「女性の幸せを願う」時間として「ひなまつり」をしてみませんか?

大人ならではの「ひなまつり」の楽しみ方をご提案します。

\ひなまつりの主役/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ひなかざり
__________

ひなまつりといえば色鮮やかで上品なひな人形のイメージが強いですよね。立派なひな人形も素敵ですが、小さな雛飾りも素敵です。雑貨屋さんを覗いてみると、いろいろな種類の雛飾りと出会えるかもしれません。

↑我が家の雛飾り。雑貨屋さんで購入しました。
別で雛人形も飾りますが、娘がまだ幼くて壊されそうなので(泣)、こちらをメインにします。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
桃の花
_________

ひなまつりに飾るお花といえば桃の花。

古来より桃には厄除けや長寿をもたらす力があるとされており、そのことから生命力の象徴としての桃の花を飾るようになったそうです。

この時期にお花屋さんに行くと、切り花として並んでいます。

↑柔らかい色と香りがお部屋を彩ってくれますね。

白酒や甘酒に桃の花を浮かべた「桃花酒」も江戸時代から広まったひなまつりの楽しみ方の一つです。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ちらし寿司
_________

ちらし寿司もひなまつりの定番となっていますが、実は特に明確ないわれはないようです。

ちらし寿司に入っている具材に縁起の良いものが入っていること、「寿司」が「寿を司る」ということで「お祝いの席に食べる縁起の良いもの」という意味があることなどが考えられます。

色鮮やかなちらし寿司があるとひなまつりパーティーの食卓がぱっと華やかになりますね。

↑お赤飯もお祝いの席には欠かせない縁起の良いおこわです。

\やっぱりこれが主役?/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ひなまつりスイーツ
__________

好きなひなまつりスイーツを楽しめるのは大人のひなまつりの特権ですね♪

かつて、ひなまつりと言えばひなあられが定番でしたが、今はケーキや可愛らしい生菓子などいろいろありますね。

↑ご家族や職場で楽しむのなら鮮やかなホールケーキがおすすめです。
「ひなまつりデコレーション」4~6号
↑一人一個ずつ楽しむのなら小物ケーキもおすすめです。
お雛様が乗った「ひなかざり」
↑こちらはお内裏様が乗った「ひなチーズケーキ」
↑ほっこり艶やかな「ひなまつり上生」。上品なひと時にぴったりです。

お子様はもちろん大人も楽しめるひなまつり。自分に合った楽しいひなまつりをお過ごしくださいね。